見た目が良いホームページとは?

デザインがスッキリしている

ホームページの見た目は、ホームページの第一印象を左右する大切な要素です。いくらホームページの内容が優れていても、見た目に印象が悪いと訪問者から良い印象は持たれませんし、コンテンツを読んでもらえませんからね。
では、見た目を良くするために独創的なデザインにするべきかというと、そういう訳でもないんですよね。凝りすぎたデザインはゴチャゴチャした印象を与え、逆に印象を悪くする恐れがあります。
ですから、ホームページの見た目を良くするならスッキリとしたデザインにするのがオススメです。例えばどこにメニューがあるのか分からないデザインだと訪問者はすぐに帰ってしまいます。ホームページを開いてからスクロールなしで、そのホームページがどんなページなのか判断出来るレイアウトが理想的ですね。

画像・写真を効果的に使う

ホームページの見た目を良くするためには画像を使うのも効果的です。
文字だけで説明されるより画像もあった方が直感的に理解できるので、ユーザーにとっても画像があるのは助かるんですよね。画像・写真を使う時はなるべく高画質の物を使うのがオススメです。クオリティの高い画像を一枚トップページに据えるだけで、見た目がグッと華やかになりますよ。逆にクオリティの低い画像を使うとホームページへの信頼感も薄れてしまいます。
ただし、画像を何枚もトップページに掲載するのは避けた方が良いかもしれません。ホームページがゴチャゴチャした印象になりますし、メニューなどのアイコンが見つけにくくなる恐れもありますからね。基本的にはキレイな写真を2~3枚掲載するだけで十分だと思います。

ホームページ作成の実績はとても重要です。依頼する際、実績があるかどうかで出来上がりに差が出ると言われています。